容器滅菌洗浄機-トレー洗い類

基本原理

容器滅菌洗浄機は高温(80℃以上)高圧(0.2 ~ 0.7 mpa)を通じて洗い、ハコの洗浄滅菌を目的として、高圧突風によりハコ表面水分を除去します。

洗浄の原理

1、付着物の洗浄:4ステップ洗浄モードを採用し、第一は流し洗浄であり 伝統的な洗浄過程の浸漬法を真似し、ハコ表面の付着物を膨張させ、柔らかくし、その後の洗浄に効きます。第二は高圧洗浄であり,コンテナ表面の付着物を高圧水で流して汚れを表面から離します。汚れ除去を目的とします。第三は浄水洗浄であり、よりきれいな循環水を使用してハコ表面を洗浄し、前のステップの循環水を再利用すると汚くなる可能性がありますのでよりきれいな水で残り洗浄液を洗い流します;第四は浄水流しであり,循環しない乾浄水を用いてコンテナ表面の汚れを完全に洗浄します。また、高温洗浄後の枠の温度を冷やす効果もあります。

油の洗浄;未循環の洗浄水が第三級のタンク補充します、第三級タンクの水量が増加した後に第二級タンクに溢流し、第二級タンクの洗浄水が第一級水タンクに溢流し、第一級水タンクの洗浄水が下水道に流出し、タンク水の循環により後ろの水槽の水はいつも前のステージよりきれいになります。長期間の使用にしても洗浄水が汚染されないことも保証します。高温高圧の流水衝撃より、コンテナ表面の油を加熱と振動で小さな水滴になって流され、水タンクの上に浮かんでいます。水タンク上部の洗浄水は,三級水タンク間の洗浄水につれて下水道内に溢れ出て,油とハコが完全に分離されます。水循環より残った油でハコに汚染を加えることの予防にも有効です。

滅菌原理

規定範囲の温度で、温度が低いほど、黴菌の繁殖は遅い;温度が高いほど、繁殖が早い(一般的な黴菌繁殖最適温度は28℃~ 37℃)。しかし、温度が高すぎと黴菌が死んでしまいます。一般的な限界温度は68℃です。

目下、作業場の容器洗浄には大量の人工又はその他の機械洗浄設備を使用する必要があります。洗浄過程でコストが高く,サイクルが長く,効率が悪くなどのデメリットがあります。それとも、容器自身滅菌や汚染水排出にも問題があります。

ですから、私たちの容器滅菌洗浄機は蒸気で水を加熱し、洗剤を添加する必要はありません、80?93°高温水は容器に徹底的に洗浄滅菌します。設備は360°高密度噴水口デザインを使用し、パストゥール滅菌法を採用し、容器を徹底的に洗浄した後、死角を残さず、容器より検出のコロニー総数は10cfu/ml以下、国家食品安全法の基準に達します。

乾燥原理

ブロワで高圧と大量の圧縮空気を作り、圧縮空気がエアーナイフに入ると、極薄の気流の形で高速的に吹き出して、コンダ原理とエアーナイフの特殊な形状を通じて、最大30~40倍の空気を引き出して、薄く、強くの大気流の衝撃風幕を作ってハコ表面の水分を表面から吹き離し、省エネルギー、高能率の除水機能を実現します。

地址:山东省青岛市北区福州北路90号

手机:13589229991 王经理

电话:0532-85698333

传真:0532-85697187

邮箱:sales@huansukeji.com

官网:https://www.huansukeji.com

联系我们

  • 地址:山东省青岛市北区福州北路90号
  • 邮编:266000
  • 手机:13589229991 王经理
  • 电话:0532-85698333
  • 传真:0532-85697187
  • 邮箱:sales@huansukeji.com
  • 官网:https://www.huansukeji.com

Copyright © 1996 - 2022 青岛环速科技有限公司 All Rights Reserved

鲁ICP备12021030号-13